ホーム > ISO26262 自動車機能安全規格対応ソリューション

ISO26262 自動車機能安全規格対応ソリューション

自動車機能安全 ISO26262 ソフトウエアレベルの検証をサポート
ターゲットコードで実行可能な業界唯一の単体テストツールを提供
モデルベース開発でのソフトウエア検証に必要な モデル/コードBack-to-Back テストツールを提供
第三者認証機関テュフズード(TUV SUD:ドイツ)によるISO 26262ツール認定取得済み

自動車機能安全規格ISO26262関連 ソリューション

SG+G 機能安全対応ソリューション (認証機関 SGS社とガイオのコラボソリューション)

「SG+G機能安全対応ソリューション」は、機能安全認証機関SGS社による認証/規格準拠性チェックと、ガイオによる機能安全認証に求められる開発作業、テスト業務をトータルに提供するコラボソリューションです。

SG+G 機能安全対応ソリューション 詳細情報へ


TS+G 機能安全対応ソリューション (認証機関 TUV SUD社とガイオのコラボソリューション)

「TS+G機能安全対応ソリューション」は、機能安全認証機関TUV SUD(テュフズード)社による認証/アセスメントと、ガイオによる機能安全認証に求められる開発作業、テスト業務をトータルに提供するコラボソリューションです。

TS+G 機能安全対応ソリューション 詳細情報へ

WXG機能安全ソリューション (ヴィッツ社とガイオのコラボソリューション)

機能安全に精通したヴィッツと、テストに精通したガイオテクノロジのコラボソリューションです。両社で得意分野を分担することで、従来の単独支援よりも優れたサポートを実現しました。ヴィッツとガイオは、豊富な認証支援経験を活かし、短期間・低コストで認証を取得できるよう、全面的なサポートを提供します。

WXG機能安全ソリューション詳細情報へ

 

自動車機能安全規格 ISO-26262向け 主な検証ツール

ISO26262ツール認証を取得した単体テスト/コード解析ツールを始め、自動車制御ソフト向けの検証ツールを提供しています。

 自動車制御ソフト向け 開発検証ツール


ガイオ エンジニアリングサービス

エンジニアリングサービス事業は、ガイオが30年のツール事業から得た組込み製品の開発に対する経験、知識、また業界から広範な技術動向を得られる立場を活かし、お客様の開発事業をサポートすることを目的としています。現在は、モデルベース開発の導入支援、ソフト品質向上のための継続的支援、ソフト検証のコストセーブのための各種サービス、などを主たる活動としています。

 ガイオ エンジニアリングサービス

 

自動車機能安全ISO26262ツール認証取得について

第三者認証機関TUV SUDより 自動車機能安全規格ISO 26262のツール認証を取得いたしました (2012/06)

「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2012/6/28に第三者認証機関であるドイツのテュフズード(TUV SUD)より、自動車向け機能安全規格 ISO 26262のツール認証を、日本を含めたアジア地域で初めて取得しました。

本ツール認証により、ガイオの単体テストツール「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」、プログラム解析ツール「CasePlayer2」が、静的解析およびユニットテストフェーズにおいて、全ての安全度水準に対応したツールであることがテュフズードにより認められました。

ISO 26262は、開発に用いるソフトウェアツール毎に設定するTCL (Tool Confidence Level)に応じた開発ツール認定レポートの作成をユーザ様に要求しますが、本ツール認証は、最も煩雑なツール認定作業が必要となるTCL3に設定した場合にも適用されます。従って、弊社ツールを導入されるユーザ様は、TCLによらずツール認定に関わる作業を省略することが可能です。

 link プレスリリース(ガイオがテュフズードより自動車機能安全規格 ISO 26262のツール認証をアジア地域で初取得


関数/コールカバレッジ計測機能を含んだカバレッジマスターV3.6.xが ISO26262のツール認証を再取得 (2013/06)

「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2013/6/21に、結合テストフェーズで要求される「関数カバレッジ」「コールカバレッジ」の計測機能、ISO26262のメタスタンダードであるIEC61508への対応を加えて、ツール認証を再取得致しました。

 link プレスリリース(関数/コールカバレッジ計測機能を含んだカバレッジマスターV3.6.xが ISO26262のツール認証を再取得)


認証書授与式の模様

テストデータ分析エディタ/CLI機能を含んだカバレッジマスターV3.7.xが ISO26262のツール認証を再取得 (2014/12)

「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2014/12/17に、要求仕様単体テストデータ設計で使用できる「テストデータ分析エディタ」、テスト自動化のための「コマンドラインインターフェース(CLI)」の対応を 加えて、ツール認証を再取得致しました。

 link プレスリリース(要求仕様単体テストデータ設計、テスト自動化の CLI 機能を サポートしたカバレッジマスターV3.7.x が機能安全ツール認証を再取得)

マイコンシミュレータ並列実行機能を含んだカバレッジマスターV6.0.xが ISO26262のツール認証を再取得 (2015/09)

さらに、「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2015/09/18に、「マイコンシミュレータ並列実行」「インターフェイス改善」の対応を加えて、ツール認証を再取得致しました。
※このバージョン以降、ライセンス形式が「ソフトウェアライセンス (FLEXnet)」になります。詳細はこちらからご確認頂けます。

機能安全ツール認証書のPDFファイル

テュフズードより発効された、ISO26262/IEC61508 機能安全ツール認証書の画像ファイルは以下から参照できます。

 link CoverageMaster winAMS CERTIFICATE(No. Z10 15 09 81599 007)

 link CasePlayer2 CERTIFICATE(No. Z10 15 09 81599 008)

 

自動車機能安全 モデルベース開発 に関する定期セミナーのご案内

自動車ECU開発向け 機能安全/仮想ECU複合検証定期セミナー

Auto1: 自動車向けモデルベース開発と検証ツール
自動車ECUソフト開発、検証を対象とした、モデルベース開発における、検証技術に関するセミナーです。シミュレータ製品を中心とした、自動車制御システム検証向けの実用ツールを、デモを中心にご紹介致します。

Auto2: 自動車向け機能安全規格と品質確認ツール
自動車分野での、機能安全規格の内容と、その検証に必要な品質確認ツールについてご紹介するセミナーです。


参考資料(GAIO CLUB)


参考情報・リンク