ホーム > ガイオ エンジニアリングサービス > モデル中核開発事業

モデル中核開発事業 ( MCD : Model Centered Development )

組込み開発ツール・サービスの経験と知見をベースに MBD/MDD開発サービス、コンサルテーションを提供
仕様作成からボード実装・製造までノン・ストップ開発!
モデル関連技術/コード実装技術/ハードウェア実装技術を融合し、他社にない付加価値を提供


ガイオモデル中核開発(MCD)とは?

現在、自動車制御を中心に、MATLAB/Simulink(MathWorks社)のモデルを使用した制御ソフト開発が盛んになっており、これを一般には「モデルベース開発(MBD)」と呼んでいます。一方で、UML(Unified Modeling Language)やADL(Architecture Description Language)を使用した上位設計により、アプリケーションソフトウエアの実装や検証・テストとの連携を可能にする設計手法についても検討が始まっており、これを一般には「モデル駆動開発(MDD)」と呼んでいます。
ガイオは、組込み開発ツール・サービスの提供を通じて培った経験とノウハウをベースにして、これらMBD/MDDの広範なモデルを対象とした開発サービス、コンサルテーションを開始致しました。これを、モデル中核開発(MCD= Model Centered Development)と呼んでいます。


モデル関連技術/コード実装技術/ハードウェア実装技術を融合し他社にない付加価値を提供

ガイオは、コンパイラ、コード解析ツールなどガイオの基幹技術であるコード実装、MATLAB/Simulinkでの開発基盤を作るリバースモデリング代行サービス等のモデル関連技術、各種ボード・FPGAの設計を通じて培ったハードウェア実装技術を融合し、従来にない付加価値を提供致します。

ガイオMCD事業 サービス&ソリューション

MCD事業実績例

モデルベース開発(MBD+MDD)のプロセス構築とツールの導入支援

自動車制御ソフト開発の分野では、今後MBD(モデルベース開発)とMDD(モデル駆動開発)は融合され、システム全体でのモデリングへ進むと言われています。ガイオは、業界のモデリング動向見据えながら、効率的なプロセスの構築とツールの導入を提案、サポートしています。


リバースモデリング代行サービス : 既存の機能仕様書、CソースからMATLAB/Simulinkモデルを作成

本サービスは、既存の機能仕様書、Cコードなど、モデルベース開発適用前の組込みソフト資源に対して、モデルベース開発を行うために必要なモデルの作成作業を代行するサービスです。

作成したMATLAB/Simulinkモデルの妥当性を評価するために、モデルからオートコードジェネレータ(ACG)を利用して生成したソースコードと、元のレガシーコードの単体テスト結果を比較検証します。


MBD Back-to-Backテスト 定着運用サポート

自動車機能安全規格ISO26262では、モデルベース開発で自動車制御ソフトを開発する場合には、制御仕様を定義したMATLAB/Simulinkモデルと、製品に組み込むコードの動作が一致していることを、単体テストフェーズ(Part.6-9)、結合テスト(Part.6-10)で確認することが要求されています。
ガイオの専門スタッフが御社へ常駐し、ガイオのテストツールや他社のMBDツールを使用して一致性確認を行うためのテストフローを構築致します。その際、テストフロー実現のため必要となる補完プログラム(ツール)も作成します。さらに、これを定着運用するための作業手順書を作成致します。


本サービスの詳細に関するお問い合わせは・・

弊社営業部までお問い合わせ下さい。

ガイオ・テクノロジー株式会社 営業部


参考資料 (GAIO CLUBより)

参考情報・リンク