「安全工学シンポジウム2019」 弊社講演のお知らせ

「安全工学シンポジウム2019」 弊社講演のお知らせ


来月7月3日(水)より、日本学術会議 主催による「安全工学シンポジウム2019」が開催されます。
弊社では、当シンポジウムにおいて、下記講演を行います。
ぜひ、ご参加の上、ご聴講いただきますよう、お願い申し上げます。


【開催概要】

 ■大会名:『安全工学シンポジウム2019』
 ■主 催:日本学術会議 総合工学委員会
      機械工学委員会合同工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会
 ■共 催:日本化学会 他34学協会
 ■テーマ:「多様化する社会の安全・安心」
 ■会 期:2019年7月3日(水)~ 5日(金) (※受付開始:9:30 予定)
 ■会 場:〒106-8555
      東京都港区六本木 7-22-34
      日本学術会議

 <アクセス/地図>
  ・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅 5出口そば
   http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html
 ■参加登録料:無料

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【弊社講演について】※入場無料※

 ■公演日時:2019年7月4日(木) 10:00 ~ 11:40(※弊社講演枠は、当セッション中の20分間を予定)
 ■会 場 :日本学術会議 「第2室 2F」
 ■セッション:GS-5 システムの安全性と信頼性(2)
 ■講演タイトル:【5-3】「安全分析の図的表現方法、及び設計文書と親和性の高いツールの提案」
 ■講演概要:
      ・システム設計と安全分析の関係を直感的に把握しやすくするために次の対策を提案する。
      ・システム設計図上への故障の連鎖の表示
      ・システム設計ツール上の安全分析機能の提供

       上記対策を実現するHAZOP向け安全分析用ツールを試作し、ISO/IEC 20741 [1]の評価項目を適用して
       評価することで本提案の有効性を確認した。
       また、既存ツール、及び設計文書との親和性があり、利用者にとって便利であることを確認した。
 ■講演者:
      ガイオ・テクノロジー(株)
      技術開発本部 技術戦略室 技術戦略グループ
      田中 伸明

      名古屋市工業研究所
      小川 清 様

  <安全工学シンポジウム2019 タイムテーブル>
   https://www.anzen.org/html/table.html

  <安全工学シンポジウム2019 プログラム>
   https://www.anzen.org/html/program.html


 ※当シンポジウムの詳細については、下記ホームページでご確認ください。

 【安全工学シンポジウム2019 ホームページ】
  http://www.anzen.org/index.html

以上




scroll back to page top