【安全コンセプト記法研究会(SCN-SG)オープンカンファレンスのご案内】

【安全コンセプト記法研究会(SCN-SG)オープンカンファレンスのご案内】


【開催のご案内】
 <SCN-SG メインスポークスマン DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン 山下様のごあいさつ>

 本年8月に、「SCDL仕様書Ver.1.4(日本語版)」がリリースされました。

   今回の仕様書リリースに伴い、昨年に引き続き、来月10月に「安全コンセプト記法研究会(SCN-SG)*1」 の事務局である
   ガイオ・テクノロジー(株)主催、同研究会の協賛で、オープンカンファレンス(SCN-OC)を開催することとなりました。

   同研究会の旗揚げから、今年で4年目を迎え、ご参画企業・団体のご登録者も増え、現在では100名を超える大所帯となりました。
   ワーキング活動も、仕様書サブワーキングをはじめ、ユースケースサブワーキング、ツールサブワーキング、セキュリティ
   サブワーキングと、引き続き、活発な活動を続けております。

   利用者の広がりをみせている「安全コンセプト記述言語(SCDL)*2」。
   最新のステータスを、ぜひ、この機会にご覧ください。

 

    *1:Safety Concept Notation Study Groupの略
    *2:Safety Concept Description Languageの略

※本カンファレンスのお申し込みに際し、共催出展企業に皆様のお申し込み情報を開示させて頂くことを、予めご了承ください。

                                                                         【安全コンセプト記法研究会(SCN-SG) 事務局】

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【カンファレンス概要】

 今回のカンファレンスセッションは、午前と午後の2部構成となっておりますが、通しでのご受講が可能です。

  ■午前の部 : 『実践コース』(ワークショップ形式)
   昨年5月に東京(ビックサイト)で開催されました「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」の企画セミナー、10月開催
   の「SCN-OC2017 名古屋」でご紹介した「最新の安全コンセプト構築法」を取り上げ、「安全コンセプト記述言語(SCDL)」
   を用い、自動車の制御開発の現場で活躍する設計者、レビューア、スペシャリストが、ご参加者と一緒に課題実習を通して、最新の
   安全コンセプト構築法の有用性を実践的に解説致します。

  ■午後の部 : 『管理者向けコース』(講演形式)
   招待講演および、研究会メンバによるWG活動の成果報告や適用事例の発表、SCDLにおけるセーフティとセキュリティの関係につい
   て、ご紹介させていただきます。

================================================================================
【開催概要】
================================================================================
【Safety Concept Notation Open Conference 2018 東京(SCN-OC 2018 東京)】
■ 主催 :ガイオ・テクノロジー(株)
■ 協賛 :安全コンセプト記法研究会(SCN-SG)
■ 開催日:2018年10月16日(火) 10:00~17:30(受付開始:9:30~)
■ 会場 :〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14
『日本大学 理工学部 駿河台キャンパス 1号館』2F 121会議室
      <交通アクセス>
       JR御茶ノ水駅より徒歩約5分
      <地図>
       https://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai/

■募集人数:120名(予定)
■参加費用:無料
■カンファレンス構成 :午前『実践コース』と午後『管理者向けコース』の2部構成
「午前の部」と「午後の部」をお昼休憩を挟み、通しでご受講いただけます。

 ※「午前の部」は安全コンセプト設計のワークショップを開催いたします。
  『課題取り組み』の演習の際、ノートPCの使用ができますので、使用される受講者はご持参ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【情報交換会 開催のご案内】
  カンファレンス終了後、17:30より 「同1号館 2F カフェテリア」 を開催予定です。
  ぜひ、ご参加ください。

 17:30~19:00 「情報交換会」(会場:2F カフェテリア)
 ※カンファレンス会場と同じ階です。
  参加費:無料

 ※お食事/アルコール等のお飲み物をご用意いたします。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【デモコーナー】
  今年もツールベンダーを中心に、カンファレンス会場でデモ展示を行う予定です。

<出展予定企業> 計:9社(※50音順)

■(株)アトリエ様
 http://www.atelier-inc.com/index.html

■ガイオ・テクノロジー(株) 様
 https://www.gaio.co.jp/

■キャッツ(株)様
 http://www.zipc.com/

■(株)構造計画研究所 様
 http://www.kke.co.jp/

■スパークスシステムズ ジャパン(株) 様
 https://www.sparxsystems.jp/

■SOLIZE Enginnering(株)様
 https://www.solize-group.com/engineering/index.html

■(株)チェンジビジョン様
 http://astah.change-vision.com/ja/

■DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン(株)様
 https://www.dnvgl.jp/

■(株)DTSインサイト(旧 横河ディジタルコンピュータ)様
 https://www.dts-insight.co.jp/

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【お申し込み方法】
  本カンファレンスは事前申し込み制となっております。

SCN-OC 2018 東京 ご案内/お申し込みページ
  https://www.gaio.co.jp/cgi_event/event.cgi?event=event_SCN-OC2018

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【カンファレンス プログラム】

 9:30  開場

【AM 実践コース】
 10:00-10:05 『オープニングトーク(午前の部)』

     DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン(株)
     機能安全部
      プリンシパル・テクニカル・エキスパート
       山下 修平様
                 

 10:05-10:20 『課題提示』

 10:20-11:00 『課題取り組み』

     日本精工(株)
     ステアリング&アクチュエータ技術センター
     ステアリングR&Dセンター ステアリングシステム開発部
      関 康大様
                 

 11:00-11:30 『課題のレビュー』

     ガイオ・テクノロジー(株)
     テスティング エバンジェリスト
      シニアコンサルタント
        大西 建児様
                 

 11:30-11:50 『SCDLの基本』

     カルソニックカンセイ(株)
     電子事業本部 電子戦略推進部
      佐々木 喜好様
                  

 11:50-12:10 『課題 模範解答の解説』

     (株)チェンジビジョン
      執行役員 モデリング事業部
       部長 岩永 寿来様
                  

 12:10-13:30    <ランチブレイク/デモ展示>
.......................................................................................................................................................
【PM 管理者向けコース】
 13:30-13:35 『オープニングトーク(午後の部)』

      DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン(株)
      機能安全部
       プリンシパル・テクニカル・エキスパート
        山下 修平様

 13:35-14:35   『招待講演』

  【タイトル】
  『アシュアランスケースの紹介とSCDLとの連携に向けて』

  【アブストラクト】
    これまで、筆者らはDEOS D-Caseプロジェクト(www.dcase.jp)において、アシュアランスケース
    (assurance cases)の研究および普及活動を2011年より行ってきました。
    アシュアランスケースは、欧米、特にイギリスで安全性に関する規格認証の際に要求されることが多い
    ドキュメントで、その重要性は広く認識されていますが、日本での普及は限定的です。
    本発表では、アシュアランスケースの概説、日本での普及状況、およびSCDLとの連携の可能性を議論
    いたします。』

      日本大学 理工学部 応用情報工学科
       准教授 松野 裕 様
                     
.......................................................................................................................................................
   14:35-14:55 『SCDL各SWGグループ活動紹介』

      スズキ(株)
      開発監理部
       専任職 村松 稔久様

 14:55-15:10    <コーヒーブレイク/デモ展示>
.......................................................................................................................................................
   15:10-15:40 『SCDL事例紹介』

  【タイトル】
  『自動駐車システムへのSCDL試行事例』

  【アブストラクト】
    昨今、全自動駐車の実用化が始まり、さらに自動運転に向けて関連するECUには高いASILが割り当てられ
        安全要求の増加/複雑化の傾向にあります。
        それに伴って、正確でかつ漏れのない安全分析とそれらに対する方策の検討、そしてアーキテクチャ設計
        に至るまで、多くの関係者との度重なるレビューにさらに時間がかかる中、SCDLは有効な手法/ツールで
        あると感じてます。
    そのような中、当社におけるSCDL試行事例を紹介します。

     クラリオン株式会社
     スマートコックピット開発本部セーフティ技術開発部
     プラットフォーム開発グループ
      主査 森澤 啓 様
.......................................................................................................................................................
   15:40-16:30 『SCDLツールSWG ツール紹介』

      SCDLツールSWG 主査
      スパークスシステム ズジャパン(株)
       代表取締役 河野 岳史様
        

     1)ツールSWGの紹介・目的
     2)データ互換フォーマットの目的や概要の紹介
     3)ツールSWG参加企業・メンバの紹介
     4)各社ツールの概要紹介
     5)ツール連携デモ(ツール紹介を含む)

     <ツールSWG参加企業・メンバの紹介>
      ■スパークスシステム ズジャパン(株)
      ■キャッツ(株)
      ■(株)構造計画研究所
      ■ダッソー・システムズ(株)
      ■(株)DTSインサイト
      ■ガイオ・テクノロジー(株)

     <ツール連携デモ>
      ■ガイオ・テクノロジー(株):「Safilia」
      ■(株)構造計画研究所   :「STATURE」

 16:30-17:00 『QAトーク』 

       【パネリスト】
      ■日本大学 理工学部    松野 裕様
      ■ASAM Japan合同会社 庄井 美章様
      ■DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン(株) 山下 修平様

     【モデレータ】
      ■ガイオ・テクノロジー(株) 大西 建児様

 17:00-17:05 『クロージング』 SCN-SG事務局

 17:30-          『情報交換会/デモ展示』(2F カフェテリア)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【問い合わせ先】
 安全コンセプト記法研究会(SCN-SG)事務局
「SCN-OC 2018 東京」運営担当:三宮 sannomiya.m@gaio.co.jp
                                               肥田野 hidano.f@gaio.co.jp
                                               猪狩 igari.h@gaio.co.jp

================================================================================

以上