実機連携 組込みソフト自動テストシステム

リアルタイムファンクションテスター

リアルタイムファンクションテスター

実機連携 組込みソフト自動テストシステム

ガイオは、制御対象の外部ハードウエアを使用せず、制御ソフトの実機テストを可能とする、外部ハードウエアエミュレーションシステムを提案しています。制御対象(マイコン基板に接続される他の基板、操作パネル、メカなど)の動作を、専用のシナリオエディタで定義し、FPGAによりシナリオをリアルタイム実行することで、制御対象のエミュレーションを実現します。 人海による実機テストの工数削減、複数ユニット並行開発時の検証の前倒し、試作機の制作が困難なメカを制御するソフト検証など、様々な実機検証に対する課題を解決します。

人海戦術による実機検証工程を自動化し工数を削減

実機テストの工程では、しばしば、多人数のテスト担当者による一斉テストが行われています。この方法では、テストの実施、結果の目視確認、テスト結果のレポートなどがすべて手作業となり、膨大な工数が発生します。また、テスト時のヒューマンエラー(人のテスト実行ミス、判断ミス)を避けることは難しく、テストの品質を低下させる要因となります。
リアルタイムファンクションテスターは、実機テストにおける複雑なテスト操作の自動実行、反復実行、結果の自動記録を行い、人海戦術による実機テスト工数を削減し、テストの信頼性を高めます。


テスト対象以外のハードウエアを仮想実行し テスト工程を前倒し

複数のユニット(マイコンを搭載した基板)が別部隊で並行開発されるケースは珍しくありません。この場合、ユニットの接続に関するテストは、全てのユニットが完する開発工程の後半に集中してしまい、十分な検証時間が取れないことが課題となります。また、各ユニットの接続テストのみでは、異常系の再現が困難であるため、ソフト検証の網羅性を高めることが難しくなります。
リアルタイムファンクションテスターは、テスト対象の基板に接続される通信相手となる基板の動作をエミュレーションするテストツールです。ユニとの並行開発においても、他のユニットの開発スケジュールに依存しない、早期のユニット接続テストが行えます。また、異常系の動作をシナリオ化することで、検証の網羅性を高めることも可能です。


被制御側のメカ(機構系)を仮想化し 試作機レスでソフト検証を可能に

大型や複雑なメカを制御するソフト検証においては、十分な試作機台数を確保することが難しい場合や、試作機が有る場合でも試作機のハードウエアの信頼性が低い場合があり、メカ制御ソフト検証の障害となっています。また、大型のメカを含む開発では、不安定な制御ソフトウエアの検証時の事故や、試作機の破壊などのリスクが高くなります。
リアルタイムファンクションテスターは、テスト対象(コントローラ)の基板が制御するメカモデルを仮想実行し、試作機なしでソフト検証を可能とするエミュレーション環境です。


適用事例:プリンタ自動テストシステム 村田機械株式会社様

仮想テストアプリからのコマンドで、 評価ターゲットを自動操作するシステムです。評価ターゲット上での実行結果を仮想テストアプリケーションへログアウトし、 実行結果の自動評価を行います。システム構成としては、プリンタ内部の基板から、各種接続コネクタラインを引き出し、信号を中継基板で受けます。これをカスタム対応で制作する専用「システム基板」に接続し、USBを介してPCへ取り込みます。テスト実行時には、コマンドシーケンサーからテストのためのコマンド信号や評価ターゲットが要求する応答信号を出力し、動作結果として、評価ターゲットが出力した信号をサンプリングし、コマンドシーケンサー内でログとして記録します。



製品カタログ