モデルベース開発の基盤となるMATLAB/Simulinkモデル作成を代行

モデルベース開発の基盤となるMATLAB/Simulinkモデル作成を代行

リバースモデリング代行サービス

モデルベース開発の基盤となるMATLAB/Simulinkモデル作成を代行

自動車ソフト開発、機械制御システム開発においては、品質改善・開発効率化を目的として、MATLAB/Simulinkを使用した「モデルベース開発」が盛んに行われるようになりました。しかしながら、このモデルベース開発を進めるためには、ドキュメント化された機能仕様書やレガシーコードからMATLAB/Simulinkモデルを構築する必要があります。ガイオでは、このモデル整備作業を、モデルベース開発のサービスとして行っています。

MATLAB/Simulinkを用いたモデルベース開発の基盤となるモデルを 機能仕様書、レガシーコードから作成

本サービスは、既存の機能仕様書、レガシーコードなど、モデルベース開発適用前の組込みソフト資源に対して、モデルベース開発を行うために必要なMATLAB/Simulinkモデルの作成作業を代行するサービスです。


作成したMATLAB/Simulinkモデルの妥当性を単体テストツールを使用して検証

作成したMATLAB/Simulinkモデルの妥当性を評価するために、モデルからオートコードジェネレータ(ACG)を利用して生成したソースコードと、元のレガシーコードの単体テスト結果を比較検証します。


リバースモデリング代行サービスの流れ



お客様からの情報と納品物

お客様からの情報(インプット)●ご要求:
 お客様より提示頂いた、要求仕様
●対象関数のCソース:
 検討/リバースモデリング対象のハンドコード(Cソースコード)一式
●モデル化ルール/ガイドライン:
 お客様で作成された「Simulink/TargetLink モデル化ガイドライン」
●リファクタリング仕様書:
 お客様で検討されたモデル再構築の仕様およびその適用ルール
納品物(アウトプット)●課題調査報告書:
 対象のCソースコードをモデル化することで判明した課題と対策案をまとめた報告書
●リバースモデリング実施報告書:
 対象のCソースコードのリバースモデル作業の結果をまとめた報告書
●モデリングルール提案書:
 リバースモデリング用に決めたルール。
●モデル環境一式:
 モデル作成環境や、検証環境など一式
 (モデル、オートコード、インターフェース仕様書などを含む)
●モデル文法チェックレポート:
 モデルチェッカーを使用してチェックしたレポートと、NG項目についての分析レポート
●一致性確認レポート:
 Back-to-Backテストを行ったレポートと、不一致項目についての分析レポート
●レビュー記録票:
 リバースモデリングルールレビュー記録、モデルレビュー記録
●手順書:
 モデルとコードの一致性確認等、実施した作業の手順書