ホーム > ユーザーサポート > FAQ カバレッジマスターwinAMS

FAQ / カバレッジマスターwinAMS

スタブ作成に関する問題

002_01 : テスト毎(CSVファイル単位)に共通スタブ関数のON/OFF指定を行う方法は?

【質問】
共通スタブ関数を作成していますが、「スタブ設定」の共通スタブにある「置換」チェックボックスをONにすると、プロジェクト全体のテストに対して、その関数がスタブされてしまいます。また、「置換」をONにした関数は必ずスタブされ、元の関数がテストできなくなります。テスト毎(CSVファイル単位)に共通スタブ関数のON/OFF指定を行うことはできませんか?


【回答】
可能です。共通スタブ関数の使用をON/OFFする方法は、「置換」のスイッチを使用する方法の他に、個別スタブの指定と同様に、CSVファイル内にスタブの使用状況を管理する方法があります。
まず、「スタブ設定」の共通スタブにある「置換」チェックボックスは全てOFFにします。また、「スタブ設定」にて、共通スタブ関数を予め作成しておきます。その上で、次の方法でスタブ関数の使用設定を行います。

1.SSTManagerの「テスト設定」で、テストCSVファイルを選択します
2.右側の「編集」ボタンで「モジュールテスト用CSV雛形作成」の画面を表示します
3.下にある「スタブ生成...」のボタンを押します
4.「テストCSV別スタブ設定」でスタブ生成オプションの「共通スタブ」を選択します
5.サブ関数に表示されたスタブ対象の関数を選択し「→」ボタンを押します

これにより、選択したCSVファイルのテストの範囲でのみ、設定したスタブ関数が使用されます。

 

関連サポート情報検索

【サポート情報サイト内Google検索】

検索キーワード: CSV単位のスタブ設定

他のキーワード検索


参考情報・リンク