ホーム > ユーザーサポート > FAQ カバレッジマスターwinAMS

FAQ / カバレッジマスターwinAMS

スタブ作成に関する問題

002_07 : ライブラリ関数のスタブ関数を生成してテストに使用することはできますか?

【質問】
C言語から呼ばれているグローバル関数として、ライブラリ関数があります。カバレッジマスターのスタブ関数生成機能を用い、このライブラリ関数のスタブ関数を生成してテストに使用することはできますか?


【回答】
カバレッジマスターのスタブ作成機能でスタブ関数を作成するためには、元の関数がC言語で、且つデバッグ情報が出力されている必要があります。(通常は、ライブラリ関数にはデバッグ情報が出力されていません)そのため、ライブラリ関数を元にスタブを作成することはできません。回避方法としましては、ライブライ関数はリンクを行わず、その代わりにC言語関数としてのAPIを持つダミー関数を作成しコンパイル&リンクしてください。

これにより、スタブ関数作成画面にライブラリ(サブ)関数のシンボル名称が表示されますので、これを元にスタブ関数を作成可能です。

【参考】

CasePlayer2 の『定義のない関数のスケルトンを生成』機能を使用して、「ライブラリ(実体のない)関数」の空関数を作成することでスタブ化することができます。

定義のない関数をスケルトンを生成する場合、あらかじめ、仕様書生成の設定で、「スケルトン生成のための情報を生成する」を指定し、仕様書生成を行う必要があります。CasePlayer2は仕様書生成時に、プロジェクトに登録されているソースを解析し、関数定義のない関数と変数定義のない変数の情報を収集します。

定義のない関数のスケルトンを生成は、「プロジェクト」−「定義のない関数のスケルトンを生成」から作成できます。

 

関連サポート情報検索

【サポート情報サイト内Google検索】

検索キーワード: ライブラリ関数 | スタブ化

他のキーワード検索

 

参考情報・リンク