ホーム > ユーザーサポート > FAQ カバレッジマスターwinAMS

FAQ / カバレッジマスターwinAMS

テストデータ設定に関する問題

014_03 : 引数に構造体を持つ関数をテストする場合に、CSV雛形作成の変数一覧に引数の構造体が表示されない

【質問】
引数に構造体を持つ関数をテストする場合に、モジュールテスト用CSV雛型作成時に構造体引数のメンバーが表示されず、変数指定ができません。どのようにすれば、構造体引数をテスト対象の変数として指定できますか?

 

【回答】
一部のマイコン開発環境(コンパイラ)※では、オブジェクトファイルに含まれるデバッグ情報に、カバレッジマスターが必要とする引数情報を含んでいない場合があり、このため関数の引数をテスト入出力変数に設定出来ない事があります。この場合は、ダミー関数(テストドライバ)を使用する事で、回避できます。

※マイコン毎の制限事項については、下記よりご確認できます。
[Windows スタートメニュー]→[GAIO WinAMS]→[カバレッジマスターwinAMS MPU制限一覧(System-G)]
(【製品(WinAMS)インストールフォルダ】\DOC\MPU制限一覧(System-G).pdf)

[Windows スタートメニュー]→[GAIO WinAMS]→[カバレッジマスターwinAMS MPU制限一覧(SX)]
(【製品(WinAMS)インストールフォルダ】\DOC\MPU制限一覧(SX).pdf)

ダミー関数(テストドライバ)を使って、設定できない構造体の引数にグローバル変数を介して値を設定し、テスト対象の関数を呼び出すようにします。

 

【参考資料】
ダミー関数(テストドライバ)の作成方法についての資料を掲載しています。

 ■ダミー関数を使った検証(V3.3以前での利用方法解説)
   ※上記の資料は、V3.3以降でも利用できますが、V3.3以降では下の方法を推奨いたします。

 ■ダミー関数を使った検証(V3.3以降での推奨方法)

 

関連サポート情報検索

【サポート情報サイト内Google検索】

検索キーワード: 構造体引数 | 変数一覧

他のキーワード検索

 

 

参考情報・リンク