ホーム > ユーザーサポート > FAQ カバレッジマスターwinAMS

FAQ / カバレッジマスターwinAMS

テストデータ設定に関する問題

014_04 : マイコンによる仕様制限で、CSVファイルから引数にデータが正しく入力されません。どのように回避すれば良いですか?

【質問】
マイコンの制限事項にCSVファイルから引数にデータが正しく入力できない場合があると記載されています。この場合、どの様にしてこの問題を回避すれば良いですか?

【回答】
一部のマイコン開発環境(コンパイラ)では、オブジェクトファイルに含まれるデバッグ情報に、カバレッジマスターが必要とする引数情報(引数の順序、ビット幅などの情報)を含んでいない場合があり、CSVファイルから正しく引数にデータが入力されないことがあります。

※マイコン毎の制限事項については、下記よりご確認できます。
[Windows スタートメニュー]→[GAIO WinAMS]→[カバレッジマスターwinAMS MPU制限一覧(System-G)]
(【製品(WinAMS)インストールフォルダ】\DOC\MPU制限一覧(System-G).pdf)

[Windows スタートメニュー]→[GAIO WinAMS]→[カバレッジマスターwinAMS MPU制限一覧(SX)]
(【製品(WinAMS)インストールフォルダ】\DOC\MPU制限一覧(SX).pdf)

この場合は、テスト対象関数を呼び出すダミー関数(テストドライバ)を作成し、この関数をテストドライバに指定することにより、問題を回避することが可能です。

【参考資料】
 ダミー関数(テストドライバ)の作成方法についての資料を掲載しています。

 ■ダミー関数を使った検証(V3.3以前での利用方法解説 PDF 1.4MB)
   ※上記の資料は、V3.3以降でも利用できますが、V3.3以降では下の方法を推奨いたします。

 ■ダミー関数を使った検証(V3.3以降での推奨方法 PDF 0.12MB)

 

関連サポート情報検索

【サポート情報サイト内Google検索】

検索キーワード: テストドライバ | ダミー関数 | 引数

他のキーワード検索

 

参考情報・リンク