ホーム > ユーザーサポート > FAQ カバレッジマスターwinAMS

FAQ / カバレッジマスターwinAMS

CasePlayer2解析に関する問題

019_04 : CasePlayer2の解析中にヘッダファイルの「ファイルi/oエラー」が発生します。どのように対処すればよいですか?

【質問】
カバレッジマスターWinAMSからCasePlayer2を起動し、仕様書を作成しようとしたところ、以下のエラーメッセージが表示されます。どのように対処すればよいですか?

仕様書生成中...
Cソースの詳細解析中...
[ソースファイルパス *******.c](行番号)
CasePlayer2-E-CPP : ファイルのI/Oエラーが発生しました.(**********.h)
[ソースファイルパス *******.c](行番号)
CasePlayer2: No such file or directory
CasePlayer2-E-CPP : ファイルのI/Oエラーが発生しました.(**********.h)
[ソースファイルパス *******.c](行番号)
CasePlayer2: No such file or directory
  :
  :

 

【回答】
この場合は、「設定」タブの「プリプロセッサ」の設定にて、ヘッダファイルの検索パスを指定するために、インクルードパスの設定を行って下さい。このインクルードパスは、開発環境やMAKEFILEで指定している情報を設定する必要があります。開発環境の設定ファイルやMAKEFILEからこれらのパス情報を読み込む機能はありません。「プリプロセッサ」の設定画面で、ユーザー自身で設定を行う必要があります。

なお、システムインクルードパスとユーザーインクルードパスのヘッダファイル検索順序は次のようになりますので参考にしてください。

 「#include <文字列>」という形式の場合、
@システムインクルードパスに指定されたフォルダを検索
A該当ソースファイルがあるフォルダ(カレントフォルダ)を検索

 「#include "文字列"」という形式の場合、
@ユーザインクルードパスに指定されたフォルダを検索
A該当ソースファイルがあるフォルダ(カレントフォルダ)を検索

(参考)
また、これに関連する事項としては、#ifdefなどの記述でソースコードの切換を行っている場合は、開発環境でコンパイルスイッチを使って指定している#defineの情報を、CasePlayer2にも設定する必要があります。「設定」タブの「プリプロセッサ」の設定にて、「#define」の欄に追加して下さい。

 

関連サポート情報検索

【サポート情報サイト内Google検索】

検索キーワード: インクルードパス | ファイルi/oエラー

他のキーワード検索


参考情報・リンク