ISO26262版 SCDL対応安全コンセプト設計ツール

ISO26262版 SCDL対応安全コンセプト設計ツール

Safilia

ISO26262版 SCDL対応安全コンセプト設計ツール

「Safilia(セイフィリア)」は、安全コンセプト設計を支援し、設計者、開発者間の情報共有を円滑に進めるためのモデリングツールです。「安全コンセプト記法研究会 SCN-SG 」が策定する、仕様・規格に基づいた、安全コンセプト記述言語 Safety Concept Description Language(SCDL)を採用しています。ブロックダイアグラムによるエディタで安全コンセプトを記述し、共通の合意形成、共有を促進することができます。

安全設計に対する現状の課題

自動車機能安全規格ISO26262の導入にともない、その中で安全設計に対する課題が上がっています。その1つが、設計者の安全設計の考え方「安全コンセプト」が正しく伝わらないことです。例えば、複数システム間の安全設計の役割分担の決定や、OEMとサプライヤの間、ハードウェア/ソフトウェアエンジニア間で発生する安全設計の相互理解の不足は、開発の効率や安全設計の完結性、また安全の客観的な説明性などに大きく影響します。この「安全コンセプト」を具現化する際の「記述法」が最大の課題となっています。


安全コンセプトとは

安全コンセプトとは、ISO26262が求める重要な設計成果物のひとつであり、安全アーキテクチャ設計の概念に当たります。この設計は、自動車業界内の規格適合の取り組みの中で散見される最大の課題です。安全要求のデコンポジション(分解)、共存分析での設計問題が多発しており、「安全コンセプト」を正しく設計し、相互理解することが必要になっています。


安全コンセプト設計を支援するツール「Safilia」

「Safilia(セイフィリア)」は、安全コンセプト設計を支援し、設計者、開発者間の情報共有を円滑に進めるためのモデリングツールです。ブロックダイアグラムによるエディタで安全コンセプトを記述することができます。安全コンセプトについての共通の合意形成、共有を促進することができます。本ツールは、(株)チェンジビジョンが開発、ガイオ・テクノロジー(株)が企画・販売を行っています。


Safiliaの利用フェーズと効果

Safiliaは、V字プロセスの設計フェーズにおいて、製品開発部門の設計者が安全コンセプトを設計する際の利用を想定しています。統一された記法で部門内、組織内の安全コンセプトを伝達、共有します。安全コンセプトにもとづく設計、意図の伝達が不十分なまま、試作モデルが完成した後の安全評価で安全設計の不備が分かった場合、仕様変更や設計そのものの変更など、大きな「手戻り」を発生してしまいます。Safiliaにより、標準化された記法による安全設計の早期作り込みと評価を行うことで、手戻りの発生による大きなロスを未然に防ぐことができます。

Safiliaの記述機能

要求アーキテクチャ記述

安全要求(SR)間の階層関係や相互関係を記述します。安全要求間のインタラクションや、要求(グループ)間の冗長関係と独立性要求を明示するための記述です。


エレメントアーキテクチャ記述

エレメント(EL)の包含関係を定義/表現します。エレメントの入れ子構造を包含図によって表現し、安全要求配置とASIL波及範囲を可視化する際の土台となります。


安全要求(SR)のエレメント(EL)への配置記述機能

要求アーキテクチャ/エレメントアーキテクチャ を重ねて表示することで、安全要求(SR)のエレメント(EL)への配置を記述することができます。ここで、各エレメントに対するASILのマッピングを記述します。ASILマッピングには、安全要求のASILをエレメントに自動的にアサインしたり、エレメントに複数のASILレベルの要求が配置されている場合、最も高いASILをエレメントに自動付与する、ASIL最適化支援機能が備わっています。


デコンポジション記述

安全要求(SR)のデコンポジション(分解)、グループへの組み合わせを記述します。安全要求グループの記述や独立性要求の記述、安全要求グループの組み合わせの記述などを表現する機能を持っています。


FFI(Freedom From Interference)記述

安全性との関連レベルが異なる機能を統合する際に必要となる、無干渉の関係にあることを示す記述です。安全要求を侵害しないことを示す関係線や、無干渉の関係を満たしていることを示す機能があります。


インタフェース仕様定義

要求間インタラクションがエレメント境界線をまたぐ箇所を特定し、インタフェースの検討を行うための機能です。外部ファイルで定義された仕様と関連付けを行うことができます。インタフェースを一覧表で表示することも可能です。



参考資料