Performable RatiOnalize Model Perfective Tool

PROMPT

PROMPT

Performable RatiOnalize Model Perfective Tool

「PROMPT」はMATLAB/Simulinkのサブセットとして、大規模・複雑化するモデルに対するモデルカバレッジの網羅性の高いテストベクタを短時間で自動生成するツールです。MATLAB/Simulinkを用いたモデルベース開発(MBD)において課題となる「大規模・複雑化するモデルに対してのテストデータ生成」を解決し、結果として車載システム等に搭載されるECU用ソフトウェアの開発に対する「高安全・高信頼」に寄与することが可能です。 ※JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)と共同研究開発

モデルカバレッジ率の高いテストデータを短時間で自動生成

信号テンプレートの選択及び、その信号特性をモンテカルロ法で変更することで、大規模・複雑化するモデルに対してモデルカバレッジの網羅性の高いテストデータを短時間で自動生成します。


「MC-Verifier」と組み合わせて、
 B2Bテストを自動化

弊社製品「MC-Verifier」のインターフェースに合わせた形式のテストベクタを「PROMPT」で出力。ツール間連携を気にせずB2Bテスト自動化が可能となるため、ツールチェーンを減らし、内製ツール管理の負担減少につなげます。



各種機能

ハーネスモデル自動生成テスト対象モデルから設計変更をテストするための分離された環境であるハーネスモデルを作成します。
カットサブシステムモデル内のサブシステムを対象にハーネスモデルを作成。
テストデータ生成ハーネスモデルを入力として、ランダム探索(MCMC)方式により網羅性の高いテストデータを高速生成。
更に、内部機能として、モデルカバレッジ計測を行っています。
テストデータファイル出力生成したテストデータをCSV形式で出力することができます。
モデルカバレッジレポート出力生成したテストデータに関するモデルカバレッジ情報をテキスト形式またはJSON形式として出力可能。
また、以下の2点に関してのレポート出力も対応。
(a)モデル内部のすべてのブロックに関するモデルカバレッジ情報
(b)モデル内部のカバレッジが100%未満となったブロックに関するモデルカバレッジ情報
カバレッジ測定
未対応ブロックレポート出力
モデル内部に含まれているPROMPTではカバレッジ測定対象外となるブロック情報をテキスト形式またはJSON形式として出力することができます。

関連リンク



scroll back to page top