第三者認証機関TUV SUDより 自動車機能安全規格ISO 26262のツール認証を取得

自動車機能安全ISO26262ツール認証取得について

自動車機能安全ISO26262ツール認証取得について

第三者認証機関TUV SUDより 自動車機能安全規格ISO 26262のツール認証を取得

自動車機能安全規格(ISO26262)に準拠した車載ソフトの開発を行っていただくために、ガイオのテストツール、「カバレッジマスターwinAMS」、「CasePlayer2」、「MC-Verifier」は、ドイツの第三者認証機関であるTUV SUDよりツール認証を取得済みです。

自動車向け機能安全規格 ISO 26262のツール認証を、日本を含めたアジア地域で初めて取得

「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2012/6/28に第三者認証機関であるドイツのテュフズード(TUV SUD)より、自動車向け機能安全規格 ISO 26262のツール認証を、日本を含めたアジア地域で初めて取得しました。
本ツール認証により、ガイオの単体テストツール「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」、プログラム解析ツール「CasePlayer2」が、静的解析およびユニットテストフェーズにおいて、全ての安全度水準に対応したツールであることがテュフズードにより認められました。


全てのASIL、TCLに対応しています

ISO26262 に準拠した車載ソフト開発では、使用するツールの TCL (Tool Confidence Level)を設定することが求められます。ツール認証を取得したガイオのツールを使用することで、ユーザ様は、TCL によらずツール認定に関わる作業を省略することが可能となります。
この認証取得以降、カバレッジマスター、CasePlayer2、MC-Verifierのメジャーバージョンアップごとに、再認証を取得しています。


認証書授与式の模様



ツール認証取得履歴

カバレッジマスターwinAMS V3.52012/6 認証取得 : ISO26262
カバレッジマスターwinAMS V3.6、CasePlayer2 V5.6 に対し、自動車向け機能安全規格 ISO 26262のツール認証を、日本を含めたアジア地域で初めて取得しました。
カバレッジマスターwinAMS V3.62013/06 認証取得 : ISO26262 / IEC61508
「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2013/6/21に、結合テストフェーズで要求される「関数カバレッジ」「コールカバレッジ」の計測機能、ISO26262のメタスタンダードであるIEC61508への対応を加えて、ツール認証を再取得致しました。
カバレッジマスターwinAMS V3.72014/12 認証取得 : ISO26262 / IEC61508
「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2014/12/17に、要求仕様単体テストデータ設計で使用できる「テストデータ分析エディタ」、テスト自動化のための「コマンドラインインターフェース(CLI)」の対応を 加えて、ツール認証を再取得致しました。
カバレッジマスターwinAMS V6.02015/09 認証取得 : ISO26262 / IEC61508
「カバレッジマスターwinAMS/ゼネラル」は、2015/09/18に、「マイコンシミュレータ並列実行」「インターフェイス改善」の対応を加えて、ツール認証を再取得致しました。
MC-Verifier V2.02016/06 認証取得 : ISO26262 / IEC61508
自動車組込みソフト向け Back-to-Backテストツール MC-Verifier V2.0が、ドイツTUV SUD社より、機能安全(ISO26262 / IEC61508)のツール認証を取得しました。