共有変数自動解析ツール

Shared Variable Checker2

Shared Variable Checker2

共有変数自動解析ツール

「Shared Variable Checker2」は、プログラム解析/仕様書作成ツール CasePlayer2 との連携で使用するツールで、Cソースを静的解析し、タスク、関数からの同一グローバル変数へのアクセスを可視化。 変数の競合状態や関連性を図表化し、不具合リスク箇所の特定に寄与します。

CasePlayer2の解析情報から、変数の競合状態のツリー図、レポートを生成

ガイオのプログラム解析/仕様書作成ツール「CasePlayer2」を使用して作成した解析情報から、各関数がまたがってアクセスする同一グローバル変数の競合状態をレポートします。不具合の原因となる割り込みによる変数の予期しない参照/変更を早期発見できます。


統合化された変数ブラウザにより、分かり易く変数のアクセス状態を可視化

選択した変数や関数がどの関数を経由してアクセスされているかをリストやグラフ形式で表示し、容易に確認できます。

【主な変数解析情報】
 ●複数の異なる割り込みレベルから書き込まれている変数
 ●複数の異なる割り込みレベルから呼び出されている関数
 ●コアが違う最上位関数から読み書きされる変数
 ●参照のみ(書き込みの無い)の変数
 ●書き込みのみ(参照の無い)の変数
 ●宣言のみの変数
 ●どこからも呼ばれない関数


「Shared Variable Checker2」表示画面

変数アクセス解析

1つの変数に着目した変数のアクセス状況を表示します。対象シンボル(変数名)を一覧表示し、その中から1つのシンボルを選択すると、書き込み・読み出し等のアクセス情報と関数ツリーをグラフ表示します。不具合の原因となる可能性がある変数アクセスパターンをまとめた「指摘」オプションを選択することで、競合状態を表示する対象シンボル(変数名)をフィルタリングすることができます。


関数アクセス解析

1つの関数がコールされる経路を表示します。対象シンボル(関数名)を一覧表示し、その中からシンボルを選択すると、関数ツリーをグラフ表示します。不具合の原因となる可能性がある複数の割り込みレベルからコールされる可能性のある関数を指定して表示することもできます。


読み出しのみの変数、書き込みのみの変数を検出

対象シンボルを一覧表示し、その中からシンボル(変数名)を選択するとアクセス情報と関数ツリーをグラフ表示します。関数グラフには、読み出しのみの変数へのアクセス全ツリー、書き込みのみの変数へのアクセス全ツリーを表示します。


割り込み禁止状態の解析と表示が可能

割り込み禁止関数と許可関数の間にある処理を解析し、割り込み許可状態に基づいた変数の競合を検出します。競合アクセスのある変数のうちで、割り込み禁止区間でのアクセス状態は、破線で示されます。


ポインタ経由でのアクセス状態を表示

ポインタ変数を経由してアクセスされる変数、関数の場合、ポインタに割り当てられる可能性のある実体を設定することで、これらの競合を検出することが可能です。


関数や変数のアクセス状態をCSVファイル、PDFファイルにレポート出力

選択した関数や変数のアクセス経路を示すレポートを自動作成します。各変数の解析情報の一覧(CSVファイル)や、関数グラフ(PDFファイル)を出力可能です。

【解析結果出力】
 ・変数アクセス解析
 ・関数アクセス解析
 ・読み出しのみの変数
 ・書き込みのみの変数
 ・宣言のみの変数
 ・どこからも呼ばれない関数

【画面リスト出力】
 ・解析条件
 ・シンボル情報リスト
 ・アクセス情報リスト

【PDFファイル出力】
 ・関数グラフ



製品カタログ